寮はおすすめ!医学部の予備校を選ぶなら!

医学部の人気には目を見張るものがあります

医学部の人気には目を見張るものがあります選択のための大きなチェックポイント体験授業や寮の見学もさせてくれるようなところを選びましょう

ここ数年の大学受験において、医学部の人気には目を見張るものがありますよね。
高偏差値の難関大学を卒業しても就職先で成功するとは限らない現在、医学という安定且つ専門分野に学生が目を向けるのは当然のことかもしれません。
でも、みんなが殺到するにつれて、入学が困難になることは誰もが知るところです。
そうなると受験勉強をいかに効率よく行うかということが、合格へのカギとなるわけですよね。
巷では医学部に限っては多浪は当たり前のように言われていますが、出来ることなら何年も浪人したくないですよね。
そこで予備校選びということが重要になるのです。
医学部の予備校は大都市を中心にたくさんありますが、地方の出身で東京等の都市にある大学を目指すのならば、思い切って寮のある予備校に通うというのもおすすめです。
付属の寮があることをうたっている予備校も少なくはありませんが、それは寮にはたくさんのメリットがあるからなのです。
例えば通学時間ひとつにしても、徒歩や自転車で通えるのと満員電車に1時間も揺られて通うのとでは雲泥の差がありますよね。
通勤ラッシュに捲き込まれるとしたら、車内で勉強するなんて無理だし、大体通学だけで疲労してしまいます。
でも、寮に住んでいれば通学時間を大幅に節約出来るし、疲労もラッシュのストレスとも無縁でいられますよね。
寮に入るメリットは他にもたくさんあります。
受験勉強の期間というのは、決して短いものではありませんよね。
自分一人で勉強しているうちに、スランプに陥ったり行き詰まってくることがあるかもしれません。
でも、そんな時に周りに自分と同じようにがんばっているライバルがいたら、やる気が起こるというものではないでしょうか。
良い意味でのライバル意識は、合格突破へのモチベ−ションを上げてくれるはずです。

医学部学士編入予備校K◯LSの講師陣には、賛否両論あると思います。

生命科学の井◯先生は実際に臨床医としても働いておられるので、医者としてのお話を聞くのも楽しいです。

あくまで個人的にはですw

— シュン@医学部学士編入屋 (@ShunHennyu) 2018年11月17日